「ヤクシマソウ」と命名 光合成しない新種植物

2016/2/20 11:30
共有
保存
印刷
その他

 鹿児島県の屋久島で、光合成をしない植物の新種を神戸大大学院理学研究科の末次健司特命講師らが発見し「ヤクシマソウ」と命名した。根から菌糸を取り込み、分解して栄養を得る「菌従属栄養植物」の一種。地上に出ている高さは3~5センチで、先端に濃い紫色の花を付ける。日本の植物研究雑誌に発表した。

 昨年10月、末次氏と屋久島在住の写真家、山下大明氏が島南部の低地照葉樹林で見つけた。東京大や東北大の研究者と分析し、よく似た「ホンゴウソウ」と雄花、雌花の構造が違うことなどから新種と確認した。

 末次氏は「屋久島の生態系の豊かさを示す発見だ。低地照葉樹林は世界遺産や国立公園に指定されている地域ではないが、保護する必要があるとあらためて認識した」と話した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ヤクシマソウ山下大明ホンゴウソウ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 22:52
22:45
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
22:48
22:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報