2019年1月23日(水)

福井の伝統工芸7分野、若手職人が新風 枠超え商品開発

2014/11/22付
保存
共有
印刷
その他

若狭めのう細工や越前漆器、越前焼といった福井県にある7分野の伝統工芸品の若手職人がグループ「7人の侍」を結成、それぞれの枠を超えた商品開発に挑んでいる。合同でショーや展示会を開催、反響も広がりつつある。

発起人は県内の企業や商品の宣伝を手掛ける熊本雄馬さん(36)。福井の工芸品は日本有数の技術を誇るが、安価な工業製品との厳しい競争や若者離れなどの課題を抱える。熊本さんは「地元が誇る技術をアピールするには多いほうが効果的」と各分野に声を掛けた。

集まったのは越前打刃物や越前和紙、越前たんす、若狭塗など7分野の男性職人。

11月初めには、福井市内の百貨店でファッションショーを開催。打刃物の技術で加工した猫の耳が付いた髪留めや和紙のドレスなど、ユニークな作品を数多く発表した。

同県越前市の和紙職人、柳瀬靖博さん(47)は和紙の透明感を表現しようと仕立てたドレスを出品し、会場から歓声が上がった。「デザインは華やかだが、和紙の質感で落ち着いた感じがする」と女性に好評だった。

柳瀬さんはこれまで和菓子屋向けの掛け紙やしおり向けの紙を手掛けてきた。「一手間掛けて和紙の良さが伝わる製品を作りたい」。今は知り合ったデザイナーと新商品開発を模索している。

同じショーで、同県越前市の越前たんす職人、山口祐弘さん(38)は、持ち運べる小型のたんすを披露した。底面に車輪が付いており、木製ハンドルを伸ばすと「キャリーバッグ」に早変わりする。

「飛行機内に持ち込むことができるサイズにできないか」と注文があったほか、これまで見向きもされなかった女子高生から「かわいい」と声を掛けられ、手応えを感じている。山口さんはグループの意義を「若者同士で気安くやりとりできる。業界の決まりごとにとらわれずノウハウを学ぶチャンス」と話す。

メンバーには新商品の依頼やブランド設立の提案が来始めた。来春、首都圏でもショーを開く。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報