/

この記事は会員限定です

男性の育休取得、政府後押し 20年までに13%目標

[有料会員限定]

政府は昨年12月、一億総活躍社会の実現に向けて子育てしやすい環境をつくるため男女共同参画基本計画を決定。現在、民間企業で2.3%、国家公務員で3.1%にとどまる男性の育児休業取得率を、2020年までに13%に引き上げる目標を掲げた。

計画では、女性が活躍しやすい社会にするため「男性中心型の労働慣行を見直す」と明記。長時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン