/

この記事は会員限定です

慶大、ALS治療薬候補を発見 患者のiPS細胞使う

[有料会員限定]

慶応義塾大の岡野栄之教授らは、筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者のiPS細胞を使って治療薬につながる複数の物質を見つけた。いずれもすでに別の病気の治療薬として使われているという。企業と協力して早期実用化を目指す。日本再生医療学会で20日、詳細を公表する。

2人の患者の皮膚細胞からiPS細胞を作り、運動をつかさどる神経細胞に育てた。患者の神経細胞は脳の指令を伝える突起が短くなる特徴があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン