/

この記事は会員限定です

マンション杭打ちデータ偽装「理解できぬ」、同業者衝撃

[有料会員限定]

横浜市都筑区のマンションが傾いた問題では、2次下請けの業者によって、建物を固定する杭(くい)打ち工事データが改ざんされた。建物の安全性に致命的な影響を与えかねない不正に、受注実績の多い同業者は「理解できない」と驚きを隠さない。建築業界に詳しい専門家は、工期重視の慣行や建設ラッシュなどが背景にあると指摘している。

「杭打ちは住宅工事の最重要部分。なぜデータを改ざんするのか理解に苦しむ」。首都圏で建設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン