/

クルト・マズア氏死去 旧東独の世界的指揮者

【ベルリン=共同】旧東ドイツの「無血革命」を成功させた立役者の一人とされ、ニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督などを務めた世界的指揮者クルト・マズア氏が19日、死去した。88歳だった。DPA通信が伝えた。

1989年10月に激化した東ドイツの民主化デモでは、武力弾圧を検討していたホーネッカー政権の方針に強硬に反対、デモ隊にも暴力の自制を求めた。デモは流血の事態を招くことなく、同年11月のベルリンの壁崩壊、90年10月の東西ドイツ統一へと結実し、多くのドイツ国民から敬愛された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン