都道府県の「健康格差」拡大 25年間で寿命4歳延びる

2017/7/20 10:47
保存
共有
印刷
その他

2015年までの25年間で平均寿命は4.2歳延びたが、平均寿命が最も長い県と短い県の差が0.6歳広がったことが20日、東京大学の研究成果で分かった。健康で過ごせる期間(健康寿命)の差も0.4歳拡大。こうした「健康格差」拡大の原因は解明できておらず、東大の渋谷健司教授は「医療の質や生活習慣など詳細な研究が必要」と指摘している。

研究は東京大学大学院の国際保健政策学教室が米ワシントン大の保健指標・保…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]