デング熱、媒介する蚊の生息域北上 青森で今夏確認

2016/10/20 12:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海外で流行するデング熱やジカ熱の原因ウイルスを媒介する「ヒトスジシマカ」の生息域が北上している。国立感染症研究所は今夏、青森市内での生息を確認。温暖化の影響で本州全域まで拡大した。専門家は「海外からウイルスが持ち込まれた際、感染が広がる危険がある」として、蚊の駆除などの対策を呼びかけている。

「生息域の北上スピードは予想以上だ」。感染研の沢辺京子・昆虫医科学部長は驚きを隠さない。感染研は今年8~…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]