/

ビートルズ著作権返還を ポールさん、ソニー子会社提訴

【ニューヨーク=共同】ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニーさんが18日、米国に本社を置く音楽出版社「ソニーATVミュージック・パブリッシング」を相手取り、同社が持つビートルズの楽曲の著作権を返還するよう求める訴えをニューヨークの米連邦地裁に起こした。米メディアが伝えた。

著作権は1985年に故マイケル・ジャクソンさんが購入した後、ソニーと折半出資して設立したソニーATVミュージック・パブリッシングが保有している。ジャクソンさんは2009年に急死。同社は16年にソニーが完全子会社化した。

マッカートニーさんは、米国の著作権法によれば、売却しても一定期間が経過すれば自分の楽曲の著作権を取り戻すことが可能だと主張。18年に最初のシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」の著作権をマッカートニーさんに戻すのを皮切りに、26年までに順次返還されるべきだと訴えている。

ソニー側は、これまで著作権管理でマッカートニーさんらと協力してきたとして、提訴に「失望した」とコメントした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン