10年かけて7千冊修復 北海道・石狩の図書館ボランティア

2017/6/19 11:49
共有
保存
印刷
その他

 北海道石狩市の市民図書館で、主婦を中心としたボランティア団体が約10年、本の修復に取り組み続けて7千冊を直した。壊れた本でも気持ちよく読んでもらいたいと地道に続けており、専門家は「全国的にも珍しく、蔵書の維持に貢献している」と評価。修復方法を教えてきた同市の樋口博さん(87)は「新品よりも壊れにくい本に直したい」と意気込む。

 毎週水曜日、開館とともに館内の一室で作業が始まる。メンバーは樋口さんと40~60代の主婦ら計12人。「これはどうしよう」「少し削ったらいい」。助言し合う和やかな雰囲気の中、黙々と打ち込む。60代の女性は「達成感があり、誰かの役に立てるのも良い」と話す。

 人気の児童書は特に消耗が激しい。ページが取れた場合、テープやのりで留めて済ますのではなく、背表紙から全ページを取り外し、やすりやのこぎりを使って凹凸がないように微調整を繰り返した上でのり付けする。背表紙の中に入れた切り込みに麻ひもを埋め込んで強度を出したり、針と糸で縫い直したりする。

 樋口さんは元小学校教諭で、長年校内の図書室の本を直してきた。定年退職後は市のコミュニティーセンターに勤め、修復作業を担当。同図書館が2006年に開いたボランティア養成講座をきっかけに、メンバーが徐々に集まった。清水千晴副館長は「傷んでもすぐに買い替えられず、陰で支えてくれるありがたい存在だ」と感謝する。

 白百合女子大(東京)の堀渡教授(公共図書館学)は「図書館のボランティアは朗読や書棚整理など多岐にわたるが、修復に取り組むケースは珍しい。開館から年月が経過した図書館が全国的に増える中、古い蔵書の維持は共通課題で、大切な作業だ」と評価した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 6:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
23日 22:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報