2018年7月23日(月)

難民ら初の6000万人超に 国連推計、欧州流入急増で

2015/12/19 22:11
保存
共有
印刷
その他

 【ジュネーブ=共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は18日、内戦で家を失うなどして母国を追われた難民や国内避難民らの数が今年、計6千万人を超え、過去最多となる見通しを示した。中東などから欧州に流入する難民・移民が急増した実情を反映した形だ。

 今年上半期時点での難民は昨年同時期より約70万人増えて約2020万人に到達。出身国は内戦が長期化するシリアのほか、アフガニスタンやソマリアが多い。国内避難民は、戦闘が続くイエメンやウクライナを中心に約200万人増え、約3400万人に上った。

 また、国際移住機関(IOM)は18日、今年、中東などから欧州に流入した難民・移民が99万人を超えたと発表。流入は依然続いており、ロイター通信によると、IOM報道官は「年内に100万人を超える」との見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報