/

この記事は会員限定です

ビタミンK吸収の仕組み解明 東大、薬の処方に応用

[有料会員限定]

東京大の高田龍平講師らは、食べ物からとった「ビタミンK」が体内にきちんと吸収される仕組みの一端を解明した。血液中の脂質が異常に多くなる病気の治療薬がビタミンKの吸収を阻害することもわかった。より安全な薬の処方に応用できるとしている。

研究チームは人の小腸の培養細胞で実験した。脂質の吸収に必要な遺伝子「NPC1L1」の働きを高めると、細胞がビタミンKを取り込む量が4倍になる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン