/

今年の言葉に「うれし泣きの絵文字」 英オックスフォード大

【ロンドン=共同】オックスフォード英語辞典などを出版する英オックスフォード大学出版局は18日までに、今年注目を集めた英語の言葉として「うれし泣きの表情」を示す絵文字を選んだ。世界に普及したのが選出理由としている。

絵文字は1990年代に使われ始め、今年の世界の使用頻度は前年比3倍を超えた。絵文字全体のうち、うれし泣きの絵文字は英国で20%を占めるなど最も使われた。

同出版局はインターネット上で使われている英単語を定期的に調査し、その年を代表する言葉を毎年選んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン