/

新選組、蛤御門の変で豪農宅に宿陣 日記見つかる

幕末の「蛤御門の変」(1864年)で、新選組が京都の南の玄関口だった東九条村(京都市南区)の豪農宅に宿陣し、周辺でも戦闘を繰り広げていたことが、長谷川家住宅(同市、国登録有形文化財)から発見された日記で分かった。18日、京都女子大の中村武生非常勤講師(幕末政治史)らが発表した。

これまでは村から数百メートル南の鴨川・九条河原で野営していたと考えられていた。中村講師によると、蛤御門の変で、陣があった場所など新選組の具体的な動きが明らかになるのは初めて。「当時の戦い方が分かる貴重な史料」としている。

蛤御門の変は、前年に京都から追放されていた長州勢が、京都守護職の会津藩主松平容保の排斥を求めて挙兵。京都御所などで会津勢と武力衝突した事件で、市内は大火に包まれた。

日記には、当時、新選組が村の豪農宅3軒に陣を置いたと記載。新選組や会津藩の家臣らも同村に陣を置き、そのことで村の行事が中止になったなどと書かれている。

また、蛤御門の変があった7月19日には、会津勢が甲冑を着て出陣し、京都御所などで長州勢と大砲を撃ち合ったと記し、その後、村の近くまで逃げてきた残党と新選組が鉄砲で戦い、勝利したとも書いてあった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン