石川と福井、シカ対策で県境対立 24キロの金網設置巡り

2015/8/19付
保存
共有
印刷
その他

福井県内に生息するニホンジカの「侵入」による食害を防ごうと、石川県が県境上に約24キロもの金網設置を計画している。石川側はわなによる捕獲を進めるためと強調するが、福井側は「身勝手な計画だ」と反発し、撤回や修正を求めている。

シカの生息数は石川県内が最大2800頭なのに対し、福井県内は3万5000頭と推定されている。石川県は県内で植林した木の芽や皮を「福井のシカ」に食べられてしまうと懸念。石川側に…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]