イヌワシの狩り場守れ 人工林伐採し自然林回復へ

2014/8/20付
保存
共有
印刷
その他

絶滅が危ぶまれるニホンイヌワシの生息環境を守ろうと、群馬、新潟県境に広がる国有林「赤谷の森」(約1万ヘクタール)の人工林の一部165ヘクタールを伐採し、イヌワシの狩り場となる自然林に戻すプロジェクトが官民合同で始まる。9月から森の植生や飛行ルートを調べ、第1段階として来年秋に一部を試験伐採する。

プロジェクトを進めるのは、日本自然保護協会(東京)と林野庁など。

イヌワシは北海道から九州まで広く分…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]