2019年2月23日(土)

「バナナは滑る」証明 イグ・ノーベル賞に北里大・馬渕教授ら

2014/9/19付
保存
共有
印刷
その他

ユーモアで笑わせた後、なるほどと考えさせる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の2014年授賞式が18日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれ、物理学賞にバナナの皮の摩擦係数を測定して実際に滑りやすいと証明した北里大の馬渕清資教授ら4人を選んだ。

米ケンブリッジのハーバード大で開かれたイグ・ノーベル賞の授賞式で、バナナを掲げながら研究内容を発表する北里大の馬渕清資教授(18日)=共同

米ケンブリッジのハーバード大で開かれたイグ・ノーベル賞の授賞式で、バナナを掲げながら研究内容を発表する北里大の馬渕清資教授(18日)=共同

日本人のイグ・ノーベル賞受賞は8年連続。

人工関節の研究をしている馬渕さんは「痛みのもとになる摩擦を減らす仕組みはバナナの滑りやすさと同じだが、実際に滑りやすさを測定した学術的なデータはなかった」と研究の動機を語った。授賞式でも実際にバナナや人工関節の模型を掲げ、研究内容を歌いながら説明し笑いを誘った。

馬渕さんによると、バナナの皮の内側は粘液が詰まったつぶがたくさんあり、足で踏むとつぶれて滑る原因になる。バナナの皮の上を歩いた時の摩擦係数は通常と比べて6分の1しかないという。ほか3人の受賞者は北里大の酒井利奈准教授ら研究チームのメンバー。

このほか、犬が排便の際に地磁気の影響から南北方向に体を合わせると立証したチェコとドイツの研究者に生物学賞、ひどい絵を見たときの不快さの研究に美術学賞、保存処理した豚肉が鼻血を抑えるのに効果があるとした研究に医学賞がそれぞれ贈られた。

授賞式には、05年に栄養学賞を受賞した発明家のドクター中松こと中松義郎さんも参加した。「がんのため来年までの余命と医者に言われたが、がんに打ち勝つ食べ物を発明した」と語った。(ケンブリッジ=共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報