/

過去の災害事例、一目で 防災科研がウェブに約1600年分

防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は、国内で過去約1600年間に発生した自然災害の事例を自治体ごとに地図上に表示し、被害などの情報を調べられるウェブサイト「災害年表マップ」の公開を始めた。担当者は「災害に備えるきっかけに」と期待している。

ウェブサイトでは、市区町村の地域防災計画から抽出した災害事例を基に、416~2013年に起きた延べ約5万件の事例を収録した。調べたい年を入力すると、その年に災害があった自治体の地図上に、地震や風水害など種別ごとに色分けされた丸印が表示される。

さらにその印をクリックすると、発生日のほか、被害に関する情報も示される。都道府県や災害の種別ごとに情報を絞り込んで閲覧することも可能だ。

同研究所によると、これまでは災害の種別ごとに資料が作られたり、地域防災計画に収録された事例の記載方法が、地域で異なったりしていた。

そのため同研究所は、過去の災害事例を手軽に調べられるように、統一された基準で取りまとめたデータベース化を進めており、マップに反映させていく方針。

ウェブサイトのURLは、http://dil-db.bosai.go.jp/saigai/〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン