/

子宮頸がんワクチンの健康被害、6人救済 定期接種で初

厚生労働省の審査分科会は19日までに、子宮頸(けい)がんワクチンの定期接種後に副作用とみられる健康被害を訴えた6人について、接種との因果関係が否定できないとして予防接種法に基づき医療費と医療手当の支給を決めた。同ワクチンで2013年4月からの定期接種の対象となった患者の救済決定は初めて。

患者は当時、定期接種の対象の小学6年から高校1年相当の女子で、痛みや運動障害などの症状を訴えていた。別の1人は「判定が難しい」として保留となった。厚労省が17日に副作用とみられる健康被害報告の追跡調査結果を公表したのを受け、審査を始めた。申請者は他に8人おり、順次審査を進める。

厚労省は、副作用の原因や治療法を解明する研究に参加した場合は、認定されなかった人にも「調査協力支援金」を支払う方針を示している。

また定期接種化前の接種で副作用が出たとして救済を申請した人が100人おり、別の会合で審査している。これまでに18人が認定され、9人が認定されなかった。厚労省は定期接種化後と同等の救済をする予定だ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン