免疫過剰を抑制する細胞に新機能 阪大、関節リウマチ治療に道

2014/12/19付
保存
共有
印刷
その他

大阪大の坂口志文教授らは、ウイルスなどから体を守る免疫が働き過ぎるのを抑えるブレーキ役の細胞に新しい機能があることを突き止めた。関節リウマチなど免疫の異常で起きる自己免疫疾患やがんの治療法開発に役立つとしている。

ウイルスなどを攻撃する免疫細胞は、健常な人では自分の細胞は攻撃しない。攻撃する細胞が出現しても「制御性T細胞…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]