南海トラフ震源域の海底、年最大5.8センチ移動 海保調査

2015/8/18付
保存
共有
印刷
その他

海上保安庁は18日、南海トラフ巨大地震の想定震源域の海底で、東日本大震災以降の約4年間に観測した地殻変動の調査結果を初めて公表した。南海トラフの陸側プレート上の15カ所の観測点では、おおむね北西方向に1年間で最大5.8センチ移動していた。

調査結果は、地震予知連絡会などで震源域や津波の大きさ予測などの参考にされる。

南海トラフは東海沖から九州沖の海底に延びる溝状の地形。海保によると、海側プレートが陸側プレートの下に年5~6センチ潜り込んでいる。陸側プレートが引きずり込まれることでひずみがたまり、この力が解放される際に地震が起きる。

15カ所の観測点では陸側プレートが年2.2センチ~5.8センチ移動していた。移動が最も大きかったのは静岡県沖の5.8センチ。次いで和歌山県沖の5.6センチ、愛知県沖と高知県沖の5.1センチ。海保の担当者は「大きく移動している場所ほどプレート同士が強くくっついており、震源域になる可能性が高い」と述べた。

観測点の海底に音波を受送信する機器を設置。全地球測位システム(GPS)で位置を特定した海上の測量船から音波を出し、海底の機器から反射波が戻るまでの時間を計測することで、観測点の現在地を把握し、周辺の地殻の動きを調べた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]