2018年12月11日(火)

ねぶたや竿燈、ドローン禁止 東北の夏祭りで相次ぐ

2015/6/19付
保存
共有
印刷
その他

8月の「青森ねぶた祭」や同じく8月の秋田市の「竿燈(かんとう)まつり」など、東北各県で夏に行われる主要な祭りで、小型無人機「ドローン」の使用が禁止される見通しとなったことが19日までに分かった。

ドローンをめぐっては、日本各地でトラブルが相次いでいることを受けて法規制が検討されており、祭りの各主催者も安全面を重視した。

毎年8月2~7日に開催し、勇壮なねぶたとハネト(踊り手)が市内を練り歩く「青森ねぶた祭」(青森市)では、ねぶたの運行コース周辺で、ドローンを含む無線操作による飛行物の使用を禁止する方針だ。

祭りのチラシに禁止の文言を掲載するなど周知を徹底する。期間中、例年300万人以上の人出を見込んでおり実行委員会は「事故を防止し、参加者らの安全を確保するため」と説明している。

8月3日から4日間、開催される竿燈まつりでも会場などでドローンの使用を禁止する。主催者は「竿燈へ接触したり、落下して観光客がけがをしたりする危険性があるため」と話している。

また「山形花笠まつり」「盛岡さんさ踊り」でも、それぞれ禁止が決まったほか、「仙台七夕まつり」でも禁止の方向で調整が進んでいる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報