DNA、隕石衝突が起源? 東北大など模擬実験で確認

2015/8/18付
保存
共有
印刷
その他

太古の地球に隕石(いんせき)が衝突したのを模擬した実験で、無機物を材料にしてDNAのもととなる物質ができることを東北大や広島大などのチームが突き止め18日、発表した。地球の生命の起源を解明する手掛かりになるという。

チームは、鉄や水、アンモニアなどの無機物を封入したカプセルに、秒速約1キロで飛ばした金属をぶつけ、衝撃によって反応を起こさせた。カプセルの中には、二酸化炭素が海に溶けて生じる「重炭酸」を加え、海に隕石が衝突した条件に近づけた。

分析した結果、DNAやリボ核酸(RNA)を構成する塩基のシトシンなどができていた。タンパク質の成分であるアミノ酸も9種類が合成されていた。

塩基やアミノ酸は生物の体をつくる基本的な有機物で、数十億年前の地球にどのように誕生したのかは大きな謎。宇宙空間から飛んできたアミノ酸が生命の起源とする説もある。

チームの古川善博東北大助教は「隕石の衝突で生成した塩基が、地球上の遺伝物質の起源となった可能性がある」と強調している。成果は欧州の科学誌電子版に掲載された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]