/

南スーダン、PKO陸自隊員を一時拘束 「誤解」と謝罪

防衛省は18日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の隊員5人が18日午前10時(日本時間同日午後4時)ごろ、首都ジュバで調達業務中、南スーダン政府軍に一時拘束されたと発表した。約1時間後に解放されて宿営地に戻り、けがはなかった。

隊員は銃を携行しており、武器取り締まりをしていた兵士が、国連要員が対象外と知らず拘束した。南スーダン政府は日本側に「誤解があった」と謝罪した。

防衛省によると、一連の活動で陸自隊員が拘束されたのは初めて。5人は日の丸付きの迷彩服姿で、商店で衣類を購入中、武器取り締まりの尋問を受け宿営地の北約2.5キロの広場に連行された。日本大使館が政府軍と協議し解放された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン