/

動植物園マーク似ている? 外部から指摘、佐野氏側は模倣否定

東山動植物園のシンボルマーク=同園提供

2020年東京五輪の公式エンブレム制作者、佐野研二郎氏(43)がデザインした東山動植物園(名古屋市)のシンボルマークが、中米コスタリカの国立博物館のマークに似ているとの指摘があり、同園が、マークを提案した企業に事実関係の調査を依頼したことが18日、分かった。佐野氏側は模倣を否定している。

同園によると、シンボルマークは佐野氏が手掛け、13年に採用。黄色の三つの円を重ねてできた動物の顔と、緑色の六つのつぼみで表現した植物の顔を表したものが並べて配置されている。

コスタリカ国立博物館のマーク(同館のホームページから)

今月、植物の顔がコスタリカの国立博物館のマークと似ていると外部から指摘があった。博物館のマークは水色で、中心から広がった6本の線の先に小さな円が付き、全体が大きな円で囲まれたデザイン。同園はこの二つが似ているかどうか判断できないとした上で「事実関係を早急に確認してほしい」としている。

佐野氏の事務所の広報担当者は同日、京都市内で「過去のものを検証し、サントリービールのキャンペーン賞品であるトートバッグ以外には(トレースしたものは)ない」と模倣を否定。「コスタリカからは問い合わせがなく、問題ないと思っている」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン