/

この記事は会員限定です

「都の体質浮き彫り」 都議や傍聴者ら不満の声

豊洲百条委

[有料会員限定]

18日の証人喚問を見守った都議や傍聴人からは「真相究明にはほど遠い」との声が相次いだ。

民進系会派「東京改革議員団」の都議は、元市場長の岡田至氏が「瑕疵担保責任を免除したという認識はない」と証言したことについて「結果として土壌汚染対策費の大部分を都が負担しており、そのような建前は通用しない」と強調。「不明点が多く、今後の証人喚問でも背景を問いたださなければならない」と語った。

共産都議は「(元市場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン