/

この記事は会員限定です

ネットに潜る危険ドラッグ サイト削除いたちごっこ

[有料会員限定]

危険ドラッグを吸った男の運転する車がJR池袋駅(東京・豊島)近くで暴走し、7人が死傷した事件から24日で1年。危険ドラッグの規制は強化され、全国に200店以上あった販売店はほぼ一掃された。だが、一部業者はインターネットで「合法ハーブ」などと称して危険ドラッグの販売を続けており、警察はサイバーパトロールなどの監視を強めている。

「部屋には届けられない。路上で渡す」。警視庁が6月に摘発した危険ドラッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン