中村獅童さんが肺腺がん 舞台出演取りやめ

2017/5/18 21:15
保存
共有
印刷
その他

歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が、初期の肺腺がんと診断されたと松竹が18日、発表した。定期的な健康診断で見つかったという。治療に専念するため、6月の福岡・博多座と7月の東京・歌舞伎座の歌舞伎公演への出演を取りやめ、配役や演目が変更となった。

獅童さんが発表した直筆コメントによると、担当医師から「すぐに手術をすれば完治する」と説明を受けた。「必ず元気になって今まで以上に良い舞台がつとめられますよう、より一層精進いたし、また皆さまにお目にかかりたい」としている。

獅童さんは「六月博多座大歌舞伎」で「車引」の松王丸などを演じ、歌舞伎座の「七月大歌舞伎」では、新国劇の舞台を歌舞伎化した「慶安の狼」に主演する予定だった。テレビや映画でも活躍しており、女優の竹内結子さんと離婚後、2015年に再婚した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]