/

18歳女子高校生も補導の対象に 「添い寝」などで警視庁

警視庁少年育成課は18日、男性客に添い寝などをさせる店で働く18歳の女子高校生を来年1月から補導対象にすると発表した。これまでは18歳未満が対象だった。

労働基準法は18歳未満に有害な業務をさせることを禁止している。警視庁は18歳未満の少女を雇う店を労基法などで摘発してきたが、摘発を逃れようと業者側が18歳の高校生を雇う例が増えていた。補導の対象行為や年齢は都道府県の警察が独自に追加できる。

高校生のほか専修学校に通う生徒も対象。インターネット上に援助交際などにつながる書き込みをした子供を補導する「サイバー補導」も同様に18歳を対象に加える。

都内では、女子高生を意味する「JK」を冠し、男性客に添い寝などをさせる「JKリフレ」やデートをする「JKお散歩」などの店がある。警視庁によると、今月8日時点で、東京・秋葉原の店舗では18歳の高校3年生38人が働いていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン