/

大阪府警幹部が遺族に謝罪 警官が交際女性殺害

大阪市で昨年1月、社会福祉士、白田光さん(当時23)が交際相手の元大阪府警巡査長、水内貴士受刑者(28)=殺人罪で懲役18年確定=に殺害された事件で、府警幹部が18日、山形県西川町にある白田さんの実家を初めて訪問し、遺族に謝罪した。

午後3時ごろ、奥野省吾警務部長らが訪れ、約1時間半滞在。父、弘之さん(57)によると、遺影に線香を手向け、手を合わせた後、現職の警察官が命を奪ったことや、訪問が遅れたことなどを謝罪したという。

訪問後、弘之さんは「誠意は受け取ったが、なぜ今まで来なかったのか明確な説明はなかった」と語った。奥野警務部長は「光さんには何の落ち度もなく、前途があったのに大変申し訳ない」と述べた。

確定判決によると、水内受刑者は妻や上司に交際が知られるのを恐れ、昨年1月24日、大阪市東住吉区のマンションで白田さんを殺害した。

弘之さんは今年10月、府警を訪れ、管理責任の認識などについて答えるよう申し入れ書を提出。府警は後日、村田隆本部長名で謝罪する文書を返していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン