/

秋葉原殺傷事件、加藤被告の死刑確定

東京・秋葉原で2008年6月、7人が死亡、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(32)について、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は18日までに、被告側の上告を棄却した2日の最高裁判決に対する訂正申し立てを棄却する決定をした。加藤被告の死刑が確定した。

決定は17日付。確定判決によると、加藤被告は08年6月8日、休日で歩行者天国だった秋葉原の交差点にトラックで突入。通行人をはねた後、トラックを降りて通行人をダガーナイフで刺し、計7人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。

同小法廷は2日の判決で「周到な準備の下、強固な殺意に基づいて残虐な方法で敢行した無差別殺人事件。社会に与えた衝撃は大きく、遺族の処罰感情も激しい」として「刑事責任は極めて重大で死刑を認めざるをえない」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン