/

翁長知事、オスプレイ事故現場を視察

沖縄県の翁長雄志知事は18日、米軍の新型輸送機オスプレイが不時着、大破した同県名護市沖の現場を初めて視察した。米軍が19日にも伊江島補助飛行場(伊江村)に駐機中のオスプレイを所属先の普天間基地(宜野湾市)まで飛行させる方針を日本政府に伝えていることについて「とんでもない」と強く批判した。視察先の名護市で記者団の質問に答えた。

翁長氏は安全性が確認されていないことを指摘したうえで「これを許せば、またどんどん飛んでいくことになる」と反対する考えを示した。米軍から飛行再開の連絡はないとも説明した。

翁長氏は事故現場で沖縄県警からの説明を受けた後、「オスプレイの危険性をあらためて感じた」と述べた。普天間基地の移設先である名護市辺野古に近いことに触れ「オスプレイが飛び交うことがないようにしないといけない」と指摘。日米両政府に配備撤回を訴える考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン