/

「黒夢」がネット公売に ロックバンドの商標権

野性的なロックで知られるバンド「黒夢」の商標権が東京国税局によってインターネット公売に掛けられていることが18日までに、関係者への取材で分かった。公売への参加申込期間は終わっており、23~26日に最高額を提示した人が落札する。売却決定日は10月5日。

公式ホームページなどによると、黒夢はボーカルの清春さんとベースの人時さんらが1991年に結成し、94年にメジャーデビューを果たした。「少年」などのヒット曲がある。

国税庁がネット上で公開した「公売情報」によると、出品された商標は文字の「黒夢」(2件)と「KUROYUME」「kuroyume」の計4件で見積価格は3万8千~25万円。いずれも現在の権利者は清春さんが設立した芸能マネジメント会社になっている。

商標は特定のブランドを示す文字や記号、図形などのこと。衣服や印刷物、ネット経由で受信・保存できる音楽ファイルなどに付して使用する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン