2019年2月20日(水)

2人の死刑執行 裁判員裁判の死刑囚で初

2015/12/18 11:22
保存
共有
印刷
その他

川崎市で2009年に3人を殺害したとして、殺人罪に問われた津田寿美年死刑囚(63)ら2人の死刑が18日に執行されたことが、関係者の話でわかった。死刑執行は今年6月以来6カ月ぶりで、岩城光英法相になってからは初めて。津田死刑囚は裁判員裁判で死刑判決を受けた死刑囚として初の執行。

関係者によると、ほかに執行されたのは、岩手県洋野町で2006年、2人を殺害し強盗殺人罪などに問われた若林一行死刑囚(39)。

同省などによると、津田死刑囚は09年5月、川崎市幸区のアパートで、騒音トラブルから隣に住む大家の柴田昭仁さん(当時73)と柴田さんの弟の嘉晃さん(同71)、嘉晃さんの妻、敏子さん(同68)を次々と刺殺した。

殺人罪で起訴され、一審・横浜地裁の裁判員裁判で11年6月に死刑判決を受けた。控訴したが、その後取り下げて死刑が確定した。

若林死刑囚は06年7月、岩手県洋野町の会社員、上野紀子さん(同52)方に侵入。帰宅した上野さんと次女の友紀さん(同24)を相次ぎ殺害し、現金を奪って遺体を近隣の山林に捨てるなどした。一、二審で死刑判決を受け、上告が棄却されて確定していた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報