/

日野原重明氏が死去 聖路加国際病院名誉院長、105歳

(更新)

「生活習慣病」という言葉をつくり、予防医療や終末期医療の普及に尽くした聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が18日午前6時33分、呼吸不全のため東京都内の自宅で死去した。105歳だった。連絡先は聖路加国際大総務課。告別式は29日午後1時から東京・青山葬儀所。喪主は長男、明夫氏。

京都帝国大医学部卒。1941年、内科医として同病院に勤務。51年から1年間留学した米国で病巣だけではなく患者の心身全体を考える「全人医療」を実体験し、帰国後に様々な改革を提案、実行した。

54年に民間病院としては初めて人間ドックを開設。定期健康診断による早期発見、早期予防の医療を定着させた。また、成人病を生活習慣病と言い換えるよう提案した。患者との対話を重視し、患者参加型の医療を推進した。

94年には国内初の独立型ホスピスを設立。小中学生に命の授業を行うなど、命の大切さや平和の尊さを伝える活動に積極的に取り組んだ。

2000年に75歳以上の元気で自立した高齢者でつくる「新老人の会」を発足。100歳を超えても現役を通す姿は高齢化社会を生きるモデル像ともなった。

多数の著書があり、01年出版の「生きかた上手」は100万部を超えるベストセラーに。ベストセラーの絵本「葉っぱのフレディ」のミュージカルの脚本も執筆した。

70年に起きた「よど号ハイジャック事件」に乗客として遭遇。95年3月の地下鉄サリン事件では同病院に多数の患者を収容し、院長として陣頭指揮した。05年文化勲章。

90年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を執筆した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン