速報 > おくやみ > 記事

日野原重明氏が死去 聖路加国際病院名誉院長、105歳

2017/7/18 8:59 (2017/7/18 10:20更新)
保存
共有
印刷
その他

「生活習慣病」という言葉をつくり、予防医療や終末期医療の普及に尽くした聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が18日午前6時33分、呼吸不全のため東京都内の自宅で死去した。105歳だった。連絡先は聖路加国際大総務課。告別式は29日午後1時から東京・青山葬儀所。喪主は長男、明夫氏。

京都帝国大医学部卒。1941年、内科医として同病院に勤務。51年から1年間留学した米国で病巣だけ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ