/

新大学入試に記述式 文科省素案、思考力を評価

文部科学省は18日、大学入試改革の具体策を議論する「高大接続システム改革会議」(座長・安西祐一郎日本学術振興会理事長)を開き、大学入試センター試験にかわる「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に記述式の問題を盛り込むとの素案を示した。

高校段階の基礎学力の定着度を測る「高等学校基礎学力テスト(仮称)」は国語、数学、英語の3教科とし、10段階以上で結果を示すなどとした。

2020年度の実施を目指す学力評価テストでは、思考力や判断力、表現力を適切に評価できるよう、長文を読んで複数の答えを選ぶ問題を出すことも検討する。

英語は「読む・聞く・書く・話す」の4技能の評価を重視し、民間の資格試験の主催団体との連携を検討。話す力を個別にみるには相当な時間がかかるため、別日程での実施も視野に入れる。

19年度に導入される基礎学力テストとともに、年複数回の実施を前提とし、パソコン画面上の問題にマウスやキーボードで解答するCBT方式を目指すとしている。

同会議は素案を元に議論を続け、年内に制度設計をまとめる方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン