/

サボテン、3割が絶滅危機

【ジュネーブ=共同】世界のサボテン1480種のうち、31%が絶滅の危機にひんしていることが18日までの国際自然保護連合(IUCN)の研究グループによる調査で分かった。初の世界的調査で、IUCNは違法取引が要因の一つと指摘し、国際社会に対策の強化を急ぐよう促した。

サボテンは植物が育ちにくい乾燥地帯を中心に生育し、動物もサボテンから貴重な栄養や水分を得る。しかし、苗木や種の違法取引や過剰な収穫、農業用地の拡大、宅地開発や商業開発などが大きな脅威となり、個体数が減少している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン