医師の質を高める 名医が鍛える28万人の技術
新潮流をつかむ(4)

2014/8/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1千人の医師の目が大型スクリーンにくぎ付けになっていた。映し出されたのは経皮的冠動脈形成術(PCI)の第一人者、倉敷中央病院の光藤和明副院長による超高難度のオペだ。

■手術ライブ

石灰化して詰まった心臓血管に直径0.35ミリのガイドワイヤを貫通させる。指先の微妙な感覚が頼りだ。「はい、通りましたね」。開始から約2時間、光藤副院長が血流の再開を告げた。「すごい」。会場に感嘆の声が広がった。

「倉敷ラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]