/

島野製作所がアップルに敗訴 特許権侵害巡り、東京地裁

電子部品製造の島野製作所(東京・荒川)が米アップル製品に使われる部品が特許権を侵害しているとして、ノートパソコン「マックブック」などの販売差し止めと損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(長谷川浩二裁判長)は18日までに、島野側の請求を棄却した。

地裁は判決理由の閲覧を制限した。

島野はアップルに部品を供給していたが、リベートの支払いなどで独占禁止法違反があったとして、損害賠償を求める別訴訟を起こしている。東京地裁は2月、裁判管轄について「日本国内で審理する」との判断を示した。同地裁でアップルに賠償責任があるかどうかの審理が続いている。

島野は「判決内容を精査して弁護士と協議する」とコメント。アップルジャパンは「ノーコメント」とした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン