タカタ製エアバッグでけが 国内2例目

2017/1/17 20:44
共有
保存
印刷
その他

 ホンダは17日、同社の小型車「フィット」で昨年12月にタカタ製エアバッグが異常破裂し、運転していた女性が太ももに軽いやけどをしたと発表した。車両は2003年製でリコール(回収・無償修理)の対象だったが、販売店で修理されていなかった。国内でタカタ製エアバッグによる負傷事故は2件目。

 ホンダによると、昨年12月27日に神奈川県内の一般道で同県の女性がフィットで前方車に衝突した際、助手席のタカタ製エアバッグが破裂しやけどを負った。助手席には誰も乗っていなかった。

 ホンダや販売店はリコールを伝えるダイレクトメールを女性に発送したが、引っ越しのため宛先不明で戻ってきていた。ホンダが転居先を調査し、再発送する準備をしていたところ、事故が起きたという。

 国土交通省によると、国内でタカタ製エアバッグでリコール対象となったのは1700万台。うち作業が終わったのは6割強にとどまる。

 ホンダは「対象車種の所有者は一刻も早く販売店でエアバッグの交換作業をしてほしい」と呼びかけている。対象車種などの確認は同社のお客様相談センター((電)0120・112・010)まで。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

タカタホンダFITエアバッグ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 7:00
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報