鉄パイプ落下事故で工事会社社長が謝罪

2016/10/17 23:53
保存
共有
印刷
その他

東京都港区六本木のマンション工事現場から鉄パイプが落下し、歩道にいた無職の飯村一彦さん(77)が死亡した事故で、工事を担当した「アール・エヌ・ゴトー」(川崎市)の後藤龍彦社長は17日記者会見し、「責任の重さを痛感している」と謝罪した。事故原因については「引き続き調査を続ける。警視庁の捜査にも全面的に協力したい」と述べた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]