2019年4月19日(金)

客室に南京大虐殺否定の本 アパホテルに中国で批判

2017/1/17 20:40
保存
共有
印刷
その他

【大連=原島大介】ビジネスホテル大手のアパグループ(東京・港)が南京大虐殺を否定する書籍を客室内に置いているとして、中国で批判が上がっている。中国外務省の華春瑩副報道局長は17日の記者会見で「日本の一部の人たちが歴史を正視し、深刻に反省することを促す」と発言。著者で同社の元谷外志雄代表は「事実だと信じることを書いた」と述べた。

問題の発端となったのは、インターネット上に投稿された動画。動画によると、書籍には南京大虐殺のほか、韓国の従軍慰安婦も存在しないとする記述があるという。再生回数は7千万回を超え、ネット上には「中国人は宿泊するのをやめよう」など否定的なコメントが占める。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報も同日付の社説で「二度とこのようなことが起きないようにすべきだ」と批判した。一方、元谷代表は「(書籍の撤去などは)今のところ考えていない」としている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報