/

院内感染か、急性B型肝炎で3人死亡 神戸中央病院

神戸中央病院(神戸市北区)は17日、昨年7月に同じ病棟に入院していた60~90代の患者3人が急性B型肝炎を発症し、死亡したと発表した。3人から検出したB型肝炎ウイルス(HBV)の遺伝子がほぼ一致し、同時期に同じ病棟に入院していたHBVの感染者の遺伝子と似ていた。

これまでに感染源や感染経路は分かっていないが、同病院は「院内感染の可能性を否定できない」としている。

同病院は独立行政法人「地域医療機能推進機構」が運営する総合病院(424床)。感染の有無を確認するため同時期に入院していた約100人に検査を求める。記者会見した大友敏行院長は「大変重大に受け止めている。心よりおわびする」と謝罪した。

同病院によると、死亡したのは60代男性、70代男性、90代女性の3人。男性2人は退院後に発症していずれも昨年11月に死亡した。女性は退院したが、再入院した昨年11月に発症し、同12月に死亡した。

HBVは血液などを介して感染するが、入院していた感染者と死亡した3人に共通する医療処置はないという。今後、患者の血液を扱う採血や点滴などの処置について安全対策を順守するなどの再発防止策を取る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン