/

神戸事件「絶歌」増刷へ 加害男性の手記、販売自粛の店舗も

神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性が「元少年A」として出版した手記「絶歌」について、版元の太田出版(東京)は17日、今後も出版を継続する意向を自社のホームページで表明した。「社会は、彼のような犯罪を起こさないため、起こさせないため、そこで何があったのか、見つめ考える必要がある」としている。初版10万部を発行しており、今後も増刷する予定だという。

「絶歌」は11日の発売以降、東京都内にある主要書店やネット書店で、ベストセラーランキングで上位に入っている。一方で、遺族の心情を配慮し販売を自粛する書店も増えている。

大手書店の一つは、発売直後に100近い全店舗で販売を中止。被害者遺族の事前了解がなかったと知り、心情に配慮した。客からの批判が増えたため、店頭に並べるのをやめ、注文した客にだけ販売する方法に切り替えた書店もある。

事件で殺害された土師淳君(当時11)の遺族は出版に抗議し、回収を求める申し入れ書を太田出版に送付。同社は回答を送ったが、遺族側代理人は内容を明らかにしていない。同社は表明文で「ご遺族にも出版の意義を理解いただけるよう努力する」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン