/

協会けんぽ、ウイルス感染か 情報流出は確認されず

中小企業の社員や家族が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ、東京・千代田)は17日、4台のパソコン端末が外部と不審な通信をしていたため、協会のシステムをインターネットから遮断したと発表した。ウイルス感染の有無を調べている。現時点では個人情報の流出は確認されていないという。同協会は警視庁に相談している。

同協会によると、16日に本部1台、支部3台の計4台の職員の端末が、外部のサーバーと不審な通信をしているのが判明した。職員は加入者への医療費の返還請求などの作業をしており、端末には加入者の氏名などの情報が入っていた可能性がある。

同協会は厚生労働省の所管団体で、加入者は約175万事業所の従業員や家族ら約3600万人以上。厚労省の所管団体を巡っては、健康保険組合連合会(東京・港)など3団体で、職員の端末が感染したか、感染の疑いがあることが判明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン