/

小澤征爾さん、グラミー賞受賞「仲間と分かち合いたい」

長野県松本市で指揮した公演のアルバムが最優秀オペラ録音部門でグラミー賞を受賞した指揮者の小澤征爾さん(80)は17日、公演先のロームシアター京都(京都市)で記者会見し、「びっくりしています。みんなと一緒にこういう賞をもらってうれしい。仲間と分かち合いたい。松本でやって良かった」と語った。

自身が指揮する喜歌劇の豪華なセットをバックに、舞台上で会見した小澤さんは黒のスーツ姿で登場。受賞作を演奏したサイトウ・キネン・オーケストラについて「僕にとっては夢のようなオーケストラ」と顔をほころばせた。

今後について問われると「自分の体のことで迷惑を掛けたので、そうならないようにやっていきたい」と述べた。

受賞作品はラベル作曲の歌劇「こどもと魔法」を収めたもので、2013年8月に長野県松本市で開かれた音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)」で指揮した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン