/

会社員の人脈作り、内向きに 民間調査

住友生命保険がまとめた会社員の人脈作りに関するアンケートによると、最も大切にしているのは「社内の人」がトップで、同様の調査をした20年前に比べ「内向き」志向になっていることが分かった。

同社は「経済的な閉塞感が広がる中、人脈作りも拡大より今を守るという意識が強く、それが結果に表れたのではないか」と分析している。

大切な人脈を選択式で尋ねたところ「社内」が39.0%と最も多く、「同じ趣味を持つ人」18.0%、「会員制交流サイト(SNS)などのみで通じている人」14.2%と続いた。「社外の異業種の人」は11.0%にとどまった。

20年前の調査では「社外の異業種」が38.0%と首位で、「社内」は33.5%、「同じ趣味」は17.1%だった。

人脈を維持するためにSNSを利用しているかとの質問には、39.2%が「利用している」と答えた。

調査は7月にインターネットで行い、全国の20~69歳の千人が回答した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン