/

両陛下、「北のパラオ」訪問 宮城・北原尾

私的旅行中の天皇、皇后両陛下は17日午後、宮城県蔵王町の北原尾地区を訪問された。同地区は太平洋戦争の激戦地だったパラオからの引き揚げ者らが戦後に入植し、パラオを忘れないようにとの願いから名付けられた。戦後70年に当たり、パラオで戦没者を慰霊した両陛下が訪問を希望されたという。

両陛下は開拓記念碑の前で、引き揚げ者の男性から入植後の経緯などの説明を受けられた。天皇陛下は入植当時の粗末な家の写真を見て、「まだガラス戸とかそういうのがないから、ずいぶん暗くて、寒かったでしょう」といたわられた。その後、両陛下は引き揚げ者3人と約15分間懇談された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン