/

この記事は会員限定です

結婚相談所、シニアの相談増加 解約料問題など

消費生活センターに

[有料会員限定]

結婚相談所などをめぐり、60歳以上のシニア層が全国の消費生活センターに「解約料が高い」などと相談するケースが相次いでいる。パートナーを見つけて「第二の人生」を積極的に歩みたいと考えるシニア層の増加が背景にあるとみられる。国民生活センターは「どのタイミングでお金がかかり、解約時にいくら返金されるのかを契約前に確認してほしい」と呼びかけている。

「返金額に納得できない」。関東地方の60代の男性は昨年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン