アレルギー疾患の悪化防ぐたんぱく質発見 阪大グループ

2015/2/18付
保存
共有
印刷
その他

ぜんそくやアトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患の悪化を防ぐたんぱく質を大阪大の竹田潔教授らが発見した。発症に関わる免疫細胞の一種に存在し、たんぱく質の働きが活発になると、症状を抑制する。アレルギー疾患の治療法開発などに役立つとしている。研究成果は米科学誌イミュニティー(電子版)に18日に掲載された。

研究グループが発見したのは「E-NPP3」というたんぱく質。アレルギー疾患の発症に関与するマスト細胞と好塩基球という免疫細胞の一種に存在する。

アレルギー疾患が悪化すると、マスト細胞と好塩基球は細胞のエネルギーとなるATPを分泌して、さらに働きが活発になる。たんぱく質はATPを分解して、細胞が活発化しないよう抑制していた。たんぱく質を持たないマウスを作ったところ、分泌したATPを分解できないため、通常のマウスに比べて症状が悪化した。

今後、このたんぱく質を活性化するような物質を開発すれば、アレルギー疾患の悪化を抑制できるとみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]